内閣と国会について調べたり勉強したりしました

内閣の機構と機能について勉強をしました。内閣は、国会の信任を基盤として成立し、存続するのであるから衆議院において内閣不信任案が可決され、または内閣不信任案が否決されたときは、内閣は総辞職か衆議院の解散かのいずれかを選択しなければなりません。衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に衆議院議員総選挙をおこない、選挙の日から30日以内に国会(特別会)が召集されます。そのときに内閣は総辞職し、改めて内閣総理大臣の指名(首班指名)がおこなわれるそうです。解散とは、任期満了前に議員としての資格を失わせる行為です。これは、内閣の助言と承認によって天皇がおこなう国事行為の一つです。議院内閣制を採用している日本では、衆参両院で過半数を占める政党が事実上、行政権をも掌握することになります。政府の独走を防ぐためには、国会・国民・マスコミなどによる厳正な監視が必要です。国会などについて勉強しましたが、もっと勉強したいと思いました。