同報キャパシティーによるメルアド配信の素行について学習

メイル転送などについて訓練しました。宛先に複数のメルアドを指定する方法のほかにも、メイルをイミテーションとしてほかのメルアドに送信するCC(カーボンイミテーション)という組織があります。こういう組織によるには、CCの欄に必要なメルアドを入力すればいいのです。この場合、メイルのDL人間は自分のメルアドが宛先ではなく、CCの欄におけることが押さえる結果、そのメイルはそのものに直接送られたメイルではなく、メイルのイミテーションが送られたということがわかるようになっています。なお、CCに指定した複数のメルアドは、総合DL人間に表示されてしまうため、プライバシーを機密する必要があるところなどは、BCC(ブラインドカーボンコピー)組織を使います。この場合には、BCCの欄に指定されたメルアドは、DL人間には公表されません。携帯電話でも端末と同様にCCやBCCが利用できるランキングもあります。DLOK文字数が多いランキングでは、端末というほとんど同等の組織を備えている。メイルに関しまして分かって良かったです。