これを挟んでいた事もあってか今日が多かったと思われてる

今日でお盆休みが終了する所が多い事で駅や空港などが多かった事でUターンする人が多く見られたと言う。
今年は金曜日から連休となった事でここからお盆休みに入った所が多く故郷に戻ってた人が多いとみられる。

地元でのんびりと過ごす人もいましたがやはり法事などこうした行事もあるので慌ただしいと言う事になる。
田舎は特にのんびりとする所と言うがお寺や墓に行く人が多いと言う事で行事もあると言う。

中にはいとこの人と一緒にごちそうを食べている所があるのでこの様な光景もある。
初盆だと夕方には墓を提灯などで飾るのでこうした事もあるので忙しいと思われている。

こうした行事など終わると地元を離れると言うが今年はお盆前にはUターンをする人もいると言うが今日が多いと言う事でバスターミナルなどでは見送る人もいる。
中には駅や空港まで見送りに行った人もいるのでここまで大変だと思われている。

今年もこの様な行事も終わって明日から職場に行く人もいると言うがまだ休みの所もあると言う事で静かな会社になると思っている。
明日、戻る人もいるので本格的になるのが来週以降からだと思っているのです。

批判会結末、S・Kの最後の妙なわる足掻き

S・KとN・Tの夫人は個々両者揃ってK・Yの夫人に平謝りやる。
「お両者とも、何とか意識をあげて下さい。謝らなければいけないのはここなので。ウチの洋平が意外とゴメンナサイでした」
 K・Yの夫人は申し訳なさそうに謙遜やる。
「ちなみに、上更に聞きたいんスけど、こちらで暮らし始めたらバイク持ち込んでも良いっすかね?」
「駄目です」
 いつかばかりは夫人が注意するより先にM・Nが即答した。
三人の夫人を眺めながら、小児もたくさんだが夫人というのは皆個々困難のだろうと思いつつも、慣れない座談会を凌いで征服から解放されたようにはしゃぎめくるS・KとN・T。窓範囲から思える、中庭に生い茂る新緑を眺めながら物思いに耽るM・Tを見た目にわたくしは道場への入門を決意した。
 注釈会を終えた上、太一と健二は自家用車で来ていた夫人と分かれて人々と一緒に帰ることになった。家路は四ユーザーでただどんどんマシンガンのように語り続けていたような気がする。