ソロモン王が書いた伝道の書から学べる教訓を説明します

ダビデ王の息子ソロモン王は箴言の書や伝道の書を書きました。箴言の中には実生活における適切なアドバイスが述べられており、伝道の書の中には人生の虚しさの根本的な理由が述べられています。今から3000年前に書かれた物ですが、非常に的を射た書になっています。彼は古今東西指折りの資産家で、様々な楽しみごとを経験しましたが、事の結論として虚しいと述べています。資産を多く持ち、所有物が多いとそれを管理するのに非常な労力がかかり、さらに盗難による不安で快い睡眠を得られないと述べているのです。実際どうでしょう?大金を手にした人々が大豪邸を建てた話をよく聞きますが、その多くが結局管理しきれず手放しています。また、鉄鋼王カーネギーは、この富が何の役に立つのか?わたしは60歳で,食べた物をろくに消化できない、若さと健康を得られるなら,全財産を手離してもいい、人生をやり直せなら,喜んで何でも売り払うと述べたとされています。また、億万長者の石油王J・ポール・ゲッティーも金銭は必ずしも幸福と関係があるわけではない。むしろ不幸のほうと関係があるかもしれないと述べたとされています。勿論これらの例は極論に位置付けられるでしょう。しかし、ここで学べる教訓は一般人にも当てはまります。つまり、所有物から得られる満足感には限界があるという事です。まさにソロモン王はその点を説明しているのです。ウォーターサーバー選び